JR1(直流通勤型・直流近郊型)の走行音動画


205系    209系    E231系    E233系   


205系 jr205系
界磁添加励磁・120KW
VVVF(IGBT)・120KW
製造初年:
昭和60(1985)年
平成14(2002)年(VVVF機器)

 山手線の103系置き換え用として製造された4扉ロングシート車で、国鉄最後の量産通勤型電車である。JRになった後は東日本では続々と増備され山手線のほか、横浜線、埼京線、南武線、京葉線、武蔵野線、相模線に投入された。京葉線、武蔵野線、相模線用は、前面デザインが変わっている。一方西日本ではJR京都・神戸・宝塚線の7連4本と阪和線1000番台4連5本のみである。制御方式・主電動機は211系と共通で、界磁添加励磁制御、主電動機出力は120KW。歯車比は211系とは違い、低速向けの1:6.07となっている。音は2種類で外扇と内扇がある。E231系500番台により山手線を追い出された205系は新たに仙石線・鶴見線・八高線にも運行の場を広げた。また、武蔵野線に転出したものはVVVFインバータ化され、5000番台に区分された。転配に伴う余剰車が廃車となったほか、E233系増備により、京葉線用から編成単位での廃車が開始され、2011年7月をもって京葉線から、2014年8月をもって横浜線から、2016年1月をもって南武線(支線を除く)から、2016年10月をもって埼京線から撤退した。京葉線用の一部は宇都宮線宇都宮~黒磯間と日光線に転属、廃車車両の一部は富士急行に譲渡されたほかインドネシアに輸出された。現在はE235系導入による玉突きで、武蔵野線用の置き換えが進行している。
走行音のページに205系の走行音があります。

5000番台
YouTube公式ページ・アプリでの再生は、こちらから
モハ205-5037(廃車) 各駅停車 東所沢 北朝霞→東所沢 95km/h '19.2.22収録
GoPro HERO 7 Black+SP-TFB-2
東洋IGBTに換装された5000番台の車窓動画です。山手線から転属した、側扉窓が小さいタイプです(モハ205-175→モハ205-5037)。

このページの一番上へ↑


209系 jr209系 jr209系
VVVF(GTO)・95KW
VVVF(IGBT)・95KW
製造初年:
平成4(1992)年(900番台)
平成5(1993)年(量産車)

 103系置き換え用として京浜東北線に投入された省エネVVVF車。当初901系として3編成が試作された。3編成とも仕様が異なるが、このうちC編成のシステムが採用され量産に移された。その後半自動ドア装置を装備した3000番台が川越・八高線に、車体幅を拡大した500番台が中央・総武緩行線に、地下鉄千代田線直通用1000番台が常磐線各駅停車に投入された。901系はA編成が209系900番台、B編成が910番台、C編成は920番台となった。モーター出力は95KWと低いが、寿命半分のコンセプトの元過電流を流し、150~160KW相当にして4M6T編成で起動加速度 2.5km/h/sを確保した。京浜東北線用については2007年より早くも廃車が始まり、900番台は2007年中に全廃、0番台もE233系の増備により2010年1月をもって全車引退した。なお、500番台の一部は一時期京浜東北線で使用されたのち、京葉線に転属し、さらに8連化され武蔵野線で営業運転を行っている。0番台の半数強の車両は、足回りの換装などの改造と2000番台、2100番台、2200番台に改番を行い、房総各線で使用されている。中央・総武緩行線用はE235系導入に伴う玉突きで、八高・川越線と武蔵野線への転出が始まった。この際、全車制御装置の換装が行われた。また、八高・川越線用は半自動ドア装置が設置され、3500番台に改番された。2019年4月、中央・総武緩行線から撤退した。現在、GTO車は八高・川越線用の3100番台4連2本と、中央快速線に転出しE233系グリーン車組み込みに伴う予備車となっている1000番台10連2本のみとなった。
走行音のページに209系の走行音があります。

通勤型(GTO・MT73)
YouTube公式ページ・アプリでの再生は、こちらから
モハ209-524 各駅停車 三鷹 阿佐ヶ谷→三鷹 95km/h '18.11.2収録
GoPro HERO 7 Black+SP-TFB-2
中央・総武線各駅停車の車窓動画です。この時は、中央線(快速)のダイヤが乱れており、荻窪~三鷹間ではノロノロ運転の中央特快を追い越します。

このページの一番上へ↑


E231系 jre231系 jre231系
VVVF(IGBT)・95KW
製造初年:
平成10(1998)年(900番台)
平成12(2000)年(量産車)

 通勤型電車と近郊型電車の共通化を目指して209系およびE217系の後継車として製造された車両。試作車が209系950番台(現E231系900番台)として製造され、中央・総武緩行線で各種試験を兼ねて営業運転が行われた。その結果を踏まえて通勤型の0番台がまず中央・総武緩行線に投入され、老朽化した103系を置き換えた。その後近郊型の製造も開始され、続々と増備された。番台区分は通勤型が1~3桁、近郊型が4桁となっている。車体は通勤型と近郊型では仕様が異なり、通勤型は209系500番台とあまり変わらないが、近郊型はセミクロスシート車が連結され、半自動ドアを装備、トイレもついている。乗務員室は広く、前面のライトの位置が異なり、2階建てグリーン車も組み込まれている。足回りについて、主電動機は共通だが制御装置のメーカーは、通勤型は三菱、近郊型は日立となっている。通勤型は山手線用が500番台、地下鉄東西線直通用が800番台に区分されている。通勤型0番台が中央・総武緩行線と常磐線に、500番台が山手線に、800番台が地下鉄東西線直通用に、近郊型が宇都宮線・高崎線・湘南新宿ラインと東海道線に投入され、使用された。その他、相鉄10000系、都営10-300形など、私鉄にも本形式の技術を取り入れた車両が存在する。2015年から通勤型・近郊型とも機器更新が始まった。機器更新車も通勤型は三菱製、近郊型は日立製の制御装置が搭載されている。E235系導入に伴い、500番台が中央・総武緩行線へ、900番台と0番台が武蔵野線と八高・川越線へそれぞれ転配され、余剰車は早くも廃車となった。近郊型については、上野東京ラインと湘南新宿ラインを中心に使用されている。
走行音のページにE231系の走行音があります。

通勤型(機器換装車)
YouTube公式ページ・アプリでの再生は、こちらから
モハE231-578 各駅停車 三鷹 阿佐ヶ谷→三鷹 95km/h '18.11.13収録
GoPro HERO 7 Black+SP-TFB-2
山手線から転属した500番台の中央・総武線各駅停車の車窓動画です。荻窪以遠では中央線と並走します。モーターの音が大きく、やや異音ぎみです。


近郊型(未換装車)
YouTube公式ページ・アプリでの再生は、こちらから
モハE230-3587 普通 宇都宮 池袋→大宮 120km/h '18.11.26収録
GoPro HERO 7 Black+SP-TFB-2
湘南新宿ラインを行く近郊型の車窓動画です。この時は、横須賀線内ダイヤ乱れの影響で、池袋駅を5分ほど遅れて出発しています。西川口駅付近では120km/h運転をしているほか、他の区間でもハイペースで走ります。与野駅付近では、小金井行きを追い越す、宇都宮線同士の並走も見られます。


近郊型(未換装車)
YouTube公式ページ・アプリでの再生は、こちらから
モハE230-3549 普通 籠原 赤羽→大宮 115km/h '18.10.23収録
GoPro HERO 7 Black+SP-TFB-2
湘南新宿ラインを行く近郊型の車窓動画です。荒川橋梁付近から西川口駅付近まで、上野東京ラインの列車との並走が楽しめます。西川口駅付近でこのファイルの最高速度に達しますが、120km/hにはわずかに届いていないようです。

このページの一番上へ↑


E233系 jre233系 jre233系
VVVF(IGBT)・140KW
製造初年:平成18(2006)年

 E231系の後継車で、次世代通勤型電車のスタンダードとして製造された4扉車。車体・足回りはE531系をベースに制御系機器を二重化するなど、信頼性の向上を図った。E231系同様、通勤型と近郊型がある。通勤型は、中央・青梅・五日市線に0番台が投入され、のちに京浜東北線に1000番台が、常磐緩行線に2000番台が、京葉線に5000番台が、横浜線に6000番台が、埼京線に7000番台、南武線に8000番台が投入された。近郊型は東海道線・高崎線に3000番台が投入された。制御装置はE231系と同じく通勤型が三菱製、近郊型が日立製となっている。加速度は0番台のうちH編成とT編成が3.0km/h/s(当初は2.5km/h/sで、2012年末頃から3.0km/h/sに設定変更が行われ、2013年3月改正までに全車完了)、0番台の青編成と1000番台、5000番台、7000番台、8000番台が2.5km/h/s、2000番台が3.3km/h/s、3000番台が2.3km/h/s、6000番台が2.1km/h/sとなっている。小田急4000形や相鉄11000系など、私鉄にも本形式の技術を取り入れた車両が存在する。今後も増備が予定されている。
走行音のページにE233系の走行音があります。

近郊型
YouTube公式ページ・アプリでの再生は、こちらから
モハE232-3403 普通 籠原 赤羽→大宮 120km/h '18.11.13収録
GoPro HERO 7 Black+SP-TFB-2
ドア横2人がけのロングシート部分での収録です。この時は列車がかなり空いており、まわりにほとんど人がいない状態でした。西川口駅付近では120km/h運転をしています。


近郊型
YouTube公式ページ・アプリでの再生は、こちらから
モハE232-3413 普通 籠原 赤羽→大宮 120km/h '18.10.18収録
GoPro HERO 7 Black+SP-TFB-2
湘南新宿ラインを行く近郊型の車窓動画です。赤羽を上野東京ラインの列車と同時発車しますが、荒川橋梁で完全に追い越してしまい、並走シーンは僅かでした。西川口駅付近では120km/h運転をしています。

このページの一番上へ↑