LINEで送る

小田急線の走行音


30000形    7000形    4000形(2代目)    3000形    2000形    1000形
8000形    9000形(全廃)    5000形(全廃)    4000形(初代)(全廃)    2600形(全廃)


30000形 小田急30000形
VVVF(IGBT)・190KW
VVVF(IGBT)・150KW
製造初年:
平成8(1996)年
平成28(2016)年(150KW機器)

 老朽化した3100形NSEの置き換えと、増加するロマンスカー利用者に対応して製造された車両。愛称は「EXE」。20000形に続き、非連接車・展望席無しとし、定員を確保。6連+4連とすることで、10連の通勤ロマンスカーや小田原系統と江ノ島系統の併結列車も設定された。モーター出力は190KWで6連は2M4T編成、4連は2M2Tだが新宿寄りはT台車として1.5M2.5Tとした。6連と4連が7本ずつあり、現役小田急ロマンスカーとしては最多両数を誇り、主力として使用されている。当初は箱根湯本発着の「はこね」にも多数使用されたが、ビジネス向けの車両のため、一時期この運用の大半は展望席付きの50000形VSEや7000形LSE、10000形HiSEに取って代わられた。しかし、60000形MSEの増備に伴いHiSE全車とLSEのうち2編成が廃車となり、展望席付きロマンスカーはVSEとLSE各2編成ずつの計4編成のみとなり、再び本系列の「はこね」の運用が増えた。「はこね」運用の大半は小田原で付属編成を増解結している。2016年から更新工事が始まった。制御装置は1000形更新車に準じたフルSiCを用いた2レベルVVVFに換装され、3号車は電装され、9号車の新宿寄りもM台車とされ、一般的なMT比1:1となった。外板塗装や内装も更新され、愛称はEXEαとなった。

30206 特急
さがみ61号 小田原
町田→本厚木 100km/h '09.5.23録音
音(YouTube) 14:18 R-09HR
デッキでの収録です。制御装置は東芝製(3レベル)。小田急のVVVF車では唯一のTD駆動車です。

30001 特急
さがみ94号 新宿
秦野→相模大野 110km/h '09.12.13録音
音(YouTube) 27:14 DR-07
こちらもデッキでの収録です。空調が入っていなかったので、起動時の音がよく聞こえます。この編成は30000形のトップを切ってEXEαに更新されました。

このページの一番上へ↑


7000形 小田急7000形
抵抗・140KW
製造初年:昭和55(1980)年

 老朽化した3000形SE車の置き換え用に製造された車両。愛称は「LSE」。3100形を基本にマイナーチェンジが加えられた。足回りは、12台車中8台車がM台車、4台車がT台車という構成は3100形と同じだが、機器の集約化が図られ、両端がT台車の付随車がロマンスカーとしては初めて登場した。歯車比は、当時のロマンスカーの運転状況などを勘案し、3100形の1:3.95に対し若干低速向けの1:4.21とし、主電動機出力は140KWに増強した。この足回りは10000形と20000形にも採用されている。4編成が製造されたが、2編成が60000形MSEの増備により廃車となった。残った2編成は登場当時の塗装に戻され、行楽特急「はこね」を中心に活躍中。なお、現在小田急ロマンスカーで展望席を有するものは、本形式2編成と50000形VSE2編成の計4編成のみとなっている。

7303 特急
はこね1号 箱根湯本
向ヶ丘遊園→町田 95km/h '09.12.22録音
音(YouTube) 13:47 DR-07
デッキでの収録です。東芝製、TD駆動ですが、音は5000形によく似ています。

このページの一番上へ↑


4000形(2代目) 小田急4000形
VVVF(IGBT)・190KW
製造初年:平成19(2007)年

 老朽化した5000形を置き換えるため製造された地下鉄直通対応車両。本形式を地下鉄直通運用に投入、1000形分割編成を地上転用することで、5000形4連、5200形6連を廃車させている。随所にJRE233系の技術が使われているが、190KWの全密閉式主電動機、WN駆動である点がE233系と異なっている。現在、地下鉄直通運用の主力として活躍するほか、地上線の急行運用にも使用されている。

4013 準急 本厚木 小田急相模原→海老名 95km/h '12.3.14録音
音(YouTube) 9:02 SP-TFB-2
全密閉主電動機独特の音です。

4506 各停 唐木田 新百合ヶ丘→小田急永山 90km/h '14.12.18録音
音(YouTube) 9:53 SP-TFB-2
1次車は、2号車にCPが装備されていません。

4511 各停 成城学園前 経堂→成城学園前 90km/h '12.3.14録音
音(YouTube) 7:09 SP-TFB-2
2次車以降は2号車にCPが装備されています。

このページの一番上へ↑


3000形 小田急3000形 小田急3000形
VVVF(IGBT)・180KW
VVVF(IGBT)・190KW
製造初年:平成14(2002)年

 老朽化した2600形、4000形、5000形を置き換えるため製造された4扉ロングシートの通勤車。車体は広幅車体をやめ、2400形以来の裾絞りの無いストレート車体となった。当初は6連ばかり作られた。足回りはモータ出力180KW、歯車比1:7.07で登場。4M2T編成だが、1C6M×2とされており、ユニットの小田原寄りはT台車で実質3M3Tである。この足回りの編成は12本あり、初めの4本は2000形に準じたセミワイドドアで登場、第5編成以降は標準幅のドアとなっている。第13編成以降は足回りがモーター出力190KW、歯車比1:6.06、1C4M、3M3T編成へと大幅に変更され、同時に4M4Tの8連もつくられた。加速度は3.3km/h/sだが、8000形チョッパ車、5000形との併結時には 2.7km/h/sとなる。なお、小田急の6連+4連の運用は広く異系列併結を行うことで有名で、短期間ではあるが本形式のIBGT-VVVF制御・純電気ブレーキ装備車6連+4000系(初代)の抵抗制御・電制無し空気ブレーキ車4連、という営業列車もみられた。なお、6連の一部は、中間車を新造し10両固定編成化された。この際改番が発生している。付番は1000形10両固定編成に準じている。

180KW
3505 各停 唐木田 新百合ヶ丘→小田急多摩センター 95km/h '14.12.4録音
音(YouTube) 13:17 SP-TFB-2
制御装置は三菱製。音は非同期音も含め都営6300形(IGBT)によく似ています。新百合ヶ丘駅では保線工事が行われていました。

190KW
3444 各停 唐木田 新百合ヶ丘→小田急多摩センター 100km/h '15.11.11録音
音(YouTube) 12:49 SP-TFB-2
制御装置は三菱製ですが、非同期音は180KW車とは違い、東芝のものに近くなっている。歯車比が180KW車の14:xに対しこちらは16:xなので、モーター音も180KW車とは異なっている。

190KW
3906 各停 唐木田 新百合ヶ丘→小田急多摩センター 100km/h '15.12.8録音
音(YouTube) 13:17 SP-TFB-2
主制御器非搭載の車両での収録です。SIVとCPを装備しています。CPは低騒音スクロール式のRC1500で、動作音がほとんど聞こえません。

190KW/全密閉式主電動機
3614 区間準急 新宿 小田急多摩センター→栗平 95km/h '11.2.9録音
音(YouTube) 8:06 DR-2d
非同期音は他の190KW車と変わらないが、モーター音は全く異なっています。

このページの一番上へ↑


2000形 小田急2000形
VVVF(IGBT)・175KW
製造初年:平成7(1995)年

 老朽化した2600形を置き換えるため製造された4扉ロングシート車。小田急初のIGBT方式によるVVVFインバーター制御でモーター出力は 175KW。デザインは1000形類似で、扉は幅1.6mのセミワイドとなっている。4M4Tの8両固定編成のみが製造された。地下鉄乗り入れや異系列併結は行わない。現在、各停を中心に使用されている。加速度は当初は2.7km/h/sだったが、現在は3.3km/h/sになっている。

2009 各停 新百合ヶ丘 小田急多摩センター→栗平 100km/h '14.12.18録音
音(YouTube) 8:21 SP-TFB-2
VVVFは三菱3レベルで、非同期音は東京メトロ02系や9000系の三菱IGBT車によく似ています。高速域での惰行時の床振動が激しいです。

空転・滑走
2007 区間準急 新宿 小田急多摩センター→新百合ヶ丘 90km/h '16.1.29録音
音(YouTube) 13:20 SP-TFB-2
雨天時の空転・滑走する走行音です。加速時は小刻みに前後動するのが特徴的です。はるひ野、黒川、栗平の各駅では、減速時に滑走した車輪とレールが擦れる「キー」という音がかなりしますので、お聞きの際はご注意下さい。今は無き区間準急での収録で、新百合ヶ丘駅では5番線に到着します。

このページの一番上へ↑


1000形 小田急1000形 小田急1000形
VVVF(GTO)・175KW
VVVF(IGBT)・190KW
製造初年:
昭和63(1988)年
平成26(2014)年(IGBT機器)

 地下鉄直通と輸送力増強を目的として製造された4扉ロングシート車。VVVFインバータ制御でモーター出力は170KW。全線で運用されている。一部はワイドドア車で1500番台に区分されており、地下鉄には直通しない。東急9000系とともに初期のVVVF車特有の起動音が賑やかである。近年純電気ブレーキ対応に伴いソフトの変更が実施され音がかなり変わっている。当初、加速度は地上線2.7km/n/s、千代田線3.3km/h/sだったが、現在は地上線でも3.3km/h/sとなっている。なお、8000形チョッパ車、5000形との併結時には2.7km/h/sとなる。2014年よりリニューアル工事が始まり、制御装置・主電動機はフルSiCのIGBT-VVVF、190KWの全密閉主電動機への換装が行われている。

GTO・ソフト変更前(消滅)
1901 各停 成城学園前 千歳船橋→成城学園前 90km/h '06.11.21録音
音(YouTube) 4:00 CM-S330
制御装置は三菱製。起動音が賑やかです。8000形チョッパ車との併結列車での収録です。

GTO・ソフト変更前(消滅)
1041 多摩急行 唐木田 栗平→小田急多摩センター 100km/h '05.10.31録音
音(YouTube) 6:30 CM-S330
こちらは加速度3.3km/h/sの走行音です。1000形のみの10両固定編成です。

GTO・ソフト変更後
1404 各停 唐木田 新百合ヶ丘→小田急多摩センター 95km/h '15.1.18録音
音(YouTube) 12:33 SP-TFB-2
非同期音は新京成8800形のソフト変更車とほぼ同じで、間延びした低い非同期音が特徴的です。多摩線各停での収録です。

GTO・ソフト変更後
1401 各停 本厚木 経堂→新百合ヶ丘 95km/h '16.2.18録音
音(YouTube) 30:39 SP-TFB-2
経堂始発、小田原線各停の走行音です。この時は、ダイヤが乱れており、成城学園前停車中には、車掌室のマイクを通して列車無線の音声が聞こえてきます。

GTO・ソフト変更後
1444 各停 唐木田 新百合ヶ丘→小田急多摩センター 95km/h '15.12.16録音
音(YouTube) 12:39 SP-TFB-2
「皆様、こんにちは」で始まり、「お気をつけて行ってらっしゃいませ」で締めくくられる車掌さんのアナウンスが印象的です。2016年9月現在、小田急の通勤車で自動放送が装備されていないのは、1000形未更新車(1081Fを除く)だけとなりました。

このページの一番上へ↑


8000形 小田急8000形 小田急8000形
界磁チョッパ・140KW
VVVF(IGBT)・190KW
製造初年:
昭和57(1982)年
平成14(2002)年(VVVF機器)

 線内の輸送力増強および中型車の置き換えを目的として製造された4扉ロングシート車である。界磁チョッパ制御で、モーター出力は140KW。全線で使用されている。現在、VVVF化が進められている。VVVF機器は3000形(190KW車)と同じものが使用されており、歯車比も1:6.06に変更された。6連はチョッパ車の4M2Tに対し3M3Tに変更されている(4連は2M2Tのまま)。起動加速度は、チョッパ車が2.7km/h/s(10連の場合)、VVVF車が3.3km/h/sである。

チョッパ
8501 各停 唐木田 新百合ヶ丘→小田急多摩センター 95km/h '16.2.18録音
音(YouTube) 11:30 SP-TFB-2
起動時はおとなしい音で、速度が出ると甲高い音が鳴るのが特徴的です。単独6連の列車での収録で、加速度は3.0km/h/sとなっている。

VVVF
8512 各停 唐木田 新百合ヶ丘→小田急多摩センター 100km/h '14.12.22録音
音(YouTube) 12:13 SP-TFB-2
初期に改造された車両。機器は3000形190KW車と共通で音も同じです。ドアエンジンは、従来のままとなっている。

VVVF
8511 各停 唐木田 黒川→小田急多摩センター 100km/h '14.12.2録音
音(YouTube) 6:21 SP-TFB-2
この編成は2013年8月12日、多摩川橋梁で落雷の直撃を受け、長期離脱しましたが、2014年1月に復活し、活躍中です。

VVVF(全密閉式主電動機)
8005 各停 本厚木 経堂→成城学園前 95km/h '15.12.16録音
音(YouTube) 6:25 SP-TFB-2
後期に改造された、全密閉式主電動機を採用した車両の走行音。3000形の同仕様のものと同じ音のようです。ドアエンジンは戸締減圧機構が付いたものに交換されています。この車両、ドアチャイムが若干音痴です…。

このページの一番上へ↑


9000形
(全廃)
小田急9000形
界磁チョッパ・110KW
製造初年:昭和47(1972)年

 地下鉄千代田線直通用として製造された4扉ロングシート車である。斬新な前面デザインが話題を呼び、ローレル賞を受賞。このデザインを真似た車両は数多い。界磁チョッパ制御で、モーター出力は110KW。4連と6連が製造され、地下鉄直通列車のほか、線内の各停や急行にも用いられた。のちに1000形増備に伴い千代田線直通運用から撤退し、地上線専用となった。4連の先頭車の一部は中間車化され8両固定となったものもあった。5000形や8000形は更新工事が行われたが、この系列は更新されることなく3000形の増備に伴い廃車が進み、2006年3月をもって営業運転から退いた。その後、5月のイベントを最後に全廃となった。界磁チョッパ車(量産された形式)の形式消滅は、日本で初めてである。

9108(廃車) 各停 本厚木 玉川学園前→町田 90km/h '02.1.13録音
音(mp3) 3:09 4.34MBCM-S330
小田急らしからぬ低音が印象的。オールM、8連の列車での収録です。

このページの一番上へ↑


5000形
(全廃)
小田急5000形
抵抗・135KW
製造初年:
昭和44(1969)年
昭和52(1977)年(5200形)

 各停用大型車の2600形に対し、急行用大型車として製造された通勤車。車体は2600系と変わらず、当初4連ばかり造られた。その後一旦増備は中断するが、のちに6連も製造された。こちらは足回りは変化ないが、車体は一段下降窓の採用などモデルチェンジされており、俗に5200形と呼ばれている。全線で使用され、箱根登山鉄道にも乗り入れていた。老朽化と3000形、4000形(2代目)増備に伴い廃車が進み、2012年3月をもって全車運用を離脱し、廃車となった。

5518(廃車) 各停 相模大野 高座渋谷→桜ヶ丘 100km/h '08.9.29録音
音(mp3) 2:29 3.41MBR-09
単独6連の列車での収録です。抵抗器の冷却は強制通風式で、ブロワの音が賑やかです。モーター音はかなり静か。

5218(廃車) 各停 新百合ヶ丘 小田急多摩センター→小田急永山 90km/h '10.4.8録音
音(mp3) 2:19 3.20MBAT9940
こちらは主制御機非搭載の車両での収録です。ブロワの音がしない分、モーター音が鮮明に聞こえます。単独6連の列車での収録です。

5009(廃車) 急行 新宿 長後→大和 100km/h '04.1.3録音
音(mp3) 5:09 7.09MBCM-S330
5000形純正10連による高速走行音です。

このページの一番上へ↑


4000形(初代)
(全廃)
小田急4000形
抵抗・120KW
製造初年:
昭和41(1966)年(車体)
昭和34(1959)年(機器)

 輸送力増強のため吊り掛け式旧型車の足回りを再利用し、5000形と同等の車体を新造した4扉ロングシート車。その後、廃車となった2400形の足回りを利用し、高性能化された。抵抗制御でモーター出力は120KW。全線で運用に就いていたが、3000形の増備により2004年12月を持って全車運用を離脱した。

4305(廃車) 各停 唐木田 新百合ヶ丘→五月台 80km/h '00.11.13録音
音(mp3) 2:19 3.19MBCM-S330
モーター音は5000形とほぼ同じだが、電制はない。

このページの一番上へ↑


2600形
(全廃)
小田急2600形
抵抗・130KW
製造初年:昭和39(1964)年

 各停の混雑緩和を目的として製造された、小田急初の高性能大型車である。当時としては画期的な回生ブレーキ装備車である。3両分12個のモーターを2台の制御機で制御する1C6M方式は独特である。抵抗制御でモーター出力は130KW。長い間各停運用を中心に使用されてきたが、晩年は湘南急行や箱根湯本系統の急行に盛んに用いられた。3000形増備にともない2004年5月をもって定期運用を退き、6月のさよなら運転を最後に全車廃車となった。最後に残された1編成は廃車直前に旧塗装に戻され、営業運転に就いていた。

2609(廃車) 準急 新宿 鶴川→柿生 90km/h '99.11.11録音
音(mp3) 2:09 2.96MBCM-S330
8連準急での収録です。回生ブレーキの動作範囲は狭い。

このページの一番上へ↑